プリウス 保険料 安く

プリウスの自動車保険料を安くする方法

プリウス 自動車保険安い

プリウス 自動車保険見積もり

プリウス 自動車保険最安値

プリウス 自動車保険価格

プリウス 自動車保険相場

 

プリウスの自動車保険の保険料を少しでも安くしたいなら、自動車保険一括見積もりサイトがおすすめです!

 

プリウスは新車で200万円、中古車でも120万円とあまり値崩れしません。
ですから、もしもの時に修理代が保障される車両保険はつけたいところです。

 

しかし、車両保険をつけると保険料がグッと上がってしまいます。

 

自動車保険の保険料は、あなたの年齢・免許の種類・ノンフリート等級・車の年式・走行距離など様々な要因で決まります。

 

どんなに調べても、あなたと全く同じ条件の保険料の相場をネットで見つけることは出来ません。

 

自動車任意保険は毎年必ず加入しなければなりませんから、相場を知りたいなら「一括見積もり」が1番早くて簡単です。

 

プリウスの維持費の中で、保険料は結構な割合を占めます。

 

同じ補償内容なら保険料が安い方がうれしいと思いませんか?

 

由布市 引越し オプション

 

 

自動車保険の補償とは

 

プリウス 自動車保険 補償

 

自動車保険ってややこしい名前が沢山出てくるので、理解するのが難しいですよね。
でも実は大きく分けて4つの補償からなっているのです。

 

@事故相手の身体への補償
A事故相手の車への補償
B自分の身体への補償
C自分の車への補償

 

この4種類が主な補償です。
そしてぞれぞれに名前があるのです。

 

@事故相手の身体への補償:対人賠償
A事故相手の車への補償:対物賠償
B自分の身体への補償:人身傷害(搭乗者傷害を特約にできる)
C自分の車への補償。車両保険

 

この名前がややこしいと感じる原因ですね。

 

対人賠償と対物賠償は事故の相手に支払われるお金ですから無制限にしておきましょう。
もし相手が死亡した場合は億単位の賠償金が発生することもありますので、必ず無制限にしてください。

 

対物補償もガードレールや電柱を破損した場合は何百万円の支払命令が出ますので、こちらも無制限にしましょう。

 

人身傷害は自分への補償なので保険料と相談して決めてください。最低限のものでも入っておくと安心です。
事故相手が無保険の場合もあるので、多少はあるといいと思います。

 

車両保険は自分の車への補償です。
古い車であれば保険料も高いですし、保険を使って修理すると翌年の保険料がアップします。
ローンがまだ終わっていない車はつけておくと安心ですね。

 

 

自動車保険の補償はどのくらい必要?

 

プリウス 自動車保険 補償内容

 

この@対人賠償 A対物賠償 B人身傷害 C車両保険の補償の金額をいくらに設定するかにより、月々の保険料が大きく変わります。
オススメの補償内容は以下の通りです。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。 
C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。

 

詳しく見て行きましょう。

 

@対人賠償は無制限で契約しましょう。 
事故の相手を死傷させた場合は1億〜3億円の賠償責任を負うこともありますから、必ず無制限で契約しておきましょう。

 

A対物賠償は無制限で契約しましょう。 
事故相手の車の修理費用だけでなく、高額になる可能性の高いカードレール・信号機などの修理に備えて、こちらも無制限で契約しておきましょう。

 

B人身傷害は3000万円〜保険料に応じて契約しましょう。
最近は無保険で運転する人も多いので、自分の怪我にも備えましょう。
実際にかかった損害額に対して支払われる人身傷害、最低限でもいいのでつけておきましょう。 

 

C車両保険は車のローンの有無、買い替えの検討などを考慮して契約しましょう。
車両保険は保険料がかなり上がりますから、必要に応じて加入しましょう。
買い替えを検討している古い車には必要ないかもしれませんが、新車などは加入しましょう。
ローンが残っている車は加入しておくと安心です。
補償の幅の広い「一般型」がおすすめですが、補償範囲が限定された「エコノミー型」なら保険料が抑えられます。

 

 

自動車保険の特約

 

自動車保険 特約

 

<弁護士特約>
自分の車が停まっていたところに別の車が突っ込んできた場合など、こちらに責任の無い事故をもらい事故と言います。この場合は弁護士法上、あなたの加入している自動車保険は示談交渉をすることが出来ません。
もらい事故の場合は相手方との交渉は時分で行うか弁護士に委任するしかないのです。
この場合の弁護士費用を補償するのが、弁護士特約になります。

 

弁護士特約は記名被保険者やその家族が補償の対象となります。自動車以外の日常の事故で弁護士に相談したいときに適用できるものもあります。

 

<個人賠償特約>
自動車事故以外の偶然の事故で他人に怪我をさせたり、他人の物を壊した場合で法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。
例えば自分が自転車に乗っていた時に人に怪我をさせてしまった場合など。

 

記名被保険者やその家族等が補償の対象で、相手方との示談交渉もしてくれる特約です。

 

<ファミリーバイク特約>
原付バイクの事故で被保険者が死傷された場合や、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償するものです。
借りた原付バイクを使用していた場合の事故も補償対象です。
記名被保険者とその家族を補償します。

 

「自損傷害型」 と「人身傷害型」の2種類から選べます。
「人身傷害型」は人身傷害保険をつけた場合にのみ選ぶことができます。

 

 

 

対人賠償とは?

 

対人賠償

 

対人賠償とは、契約している車で他人を死傷させてしまって法律上の損害賠償責任を負った場合に、治療費や慰謝料を補償するものです。

 

対人賠償は契約の際に設定した金額が上限となりますので、保険金額は「無制限」で契約するのがオススメです。
万が一相手を死亡させてしまった場合は億単位の賠償を負うこともあります。

 

自分の将来のためにも「無制限」で契約することをオススメします。

 

対人賠償には「示談交渉サービス」がついている保険会社が多く、事故の相手との示談交渉を担ってくれます。

 

ここで注意することがあります。
対人賠償の補償は「他人」となっていますので、自分の父や母、配偶者、子供に怪我をさせてしまった場合などは対象外となり保険金がおりません。

 

自分の敷地内でお子さんをはねた事故がたまにありますが、これは補償対象外です。

 

 

対物賠償とは?

 

対物賠償

 

対物賠償とは契約した車で他人の車や家の壁、電柱やカードレールなどの公共物を壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償するものです。

 

契約時に設定した保険金額が上限なので、対物賠償も無制限にするのがオススメです。
電柱やガードレールの修理費用は、実費以外にも工事費用が必要になるので非常に高額の賠償となります。

 

自分のためにも無制限で契約することをオススメします。

 

・電柱の修理費用:30〜50万円、電線などの断線があると100万円以上
・ガードレールの修理費用:1枚5〜10万円
・信号機の修理費用:100万円以上

 

※公共物の修理は事故の状況により事なりますし、修理費用は相手の言い値となるので高額請求となっても仕方がありません。

 

多くの保険会社に「示談交渉サービス」がついており、事故の相手との示談交渉を担ってくれます。

 

対物賠償の場合も「他人の物」が補償対象なので、自分の家の壁を壊した場合には対物賠償は使用できません。

 

 

人身傷害

 

任意保険 人身傷害

 

人身傷害は自分や同乗者が、契約車での事故で死傷した場合の治療費などを補償するものです。

 

過失割合に関係なく、事故の相手との示談交渉の前に保険金が支払われます。
ですからお金の心配をせずに、安心して治療を受けることができます。

 

最近は無保険で車を運転している若者や高齢者も多いので、自分で備えることはより一層重要です。
人身傷害は「車内のみ補償型」と「車内+車外保証型」とを選ぶことができます。

 

・車内のみ補償型:契約車両に乗っていた時の事故のみ補償します。  
・車内+車外保証型:記名被保険者とその家族の歩行中や自転車に乗っていた時の自動車事故、他人の車に乗車中の自動車事故なども補償します。

 

保険料が違いますので、もし他の保険に加入している人は車内のみでも良いかと思います。

 

人身傷害の上乗せ補償に、搭乗者傷害特約があります。
こちらも自分や同乗者が死傷した場合に保険金が支払わ、搭乗者傷害特約には傷害一時金と死亡・後遺障害とがあります。

 

人身傷害と搭乗者傷害の大きな違いは保険金の支払われ方です。

 

人身傷害は保険金額を上限とした実際の損害額が支払われますが、搭乗者傷害は入院や通院の日数や後遺障害の程度に応じて保険金が支払われます。
人身傷害に搭乗者傷害をセットにしておくことで、事故後に速やかに保険金を受け取ることができます。

 

万が一の事故の際、体の心配だけでなくお金の心配までしたくないですね。